EU、コロナ対応で1兆ユーロの緊急基金設立へ 詳細は持ち越し

(VOVWORLD) - ただ、資金を返済の必要がない助成金として支給するのか、あるいは返済が必要な貸付金として支給するかを巡って各国の意見が分かれたため、詳細は今後に持ち越すことになりました。

EU=欧州連合の首脳は23日、新型コロナウイルス流行で打撃を受けた経済の復興を支援する1兆ユーロ規模の緊急基金を設立することで合意しました。ただ、資金を返済の必要がない助成金として支給するのか、あるいは返済が必要な貸付金として支給するかを巡って各国の意見が分かれたため、詳細は今後に持ち越すことになりました。

EU、コロナ対応で1兆ユーロの緊急基金設立へ 詳細は持ち越し - ảnh 1     会議の様子(写真:AFP/TTXVN)

EU本部のあるブリュッセルを含む欧州のほぼ全域がロックダウン下にある中、27加盟国の首脳は4時間にわたりビデオ会議を開催しました。2021─27年のEU予算案の下での復興基金の設立が話し合われました。

ただ、GNI=域内国民総所得の1%程度を占めるEU予算の拡大は、容易には進まなそうです。

フランスのマクロン大統領は会談後、基金の形式を巡る「各国の溝は埋まっていない」と認めた上で、新型コロナの打撃が深刻な国への財政移転が必要になると述べました。

イタリアのコンテ首相は、基金の規模について1兆5000億ユーロ程度が望ましいとした上で、資金は各国政府への助成金として支給すべきと主張しました。「公衆衛生の危機は社会的な危機に発展し、今や政治的な危機さえ招いている」と指摘しました。スペインも助成金扱いとする考えに賛成すると表明しました。

これに対し、オーストリアのクルツ首相は、資金は助成金ではなく貸付金として支給すべきで、「同様の意見を持つ国々」と共同歩調を取ると明言しました、デンマークやスウェーデン、フィンランド、オランダなどとの連携を示唆しました。この他、フランスは基金を通じたEUの共同債発行が望ましいとしました。

ドイツのメルケル首相は、会談後に「欧州にとってうまくいくことは、ドイツにとっても同じ」と述べ、大規模な復興基金への支持を表明しました。

ご感想

他の情報