EU離脱延期法案 週明けに成立へ 総選挙求める英首相は苦境に

(VOVWORLD) -イギリス議会では、EU=ヨーロッパ連合からの離脱期限の延期を求める法案が週明けにも成立する見通しとなり、延期は認められないとするジョンソン首相は、再び議会に対し、総選挙の実施を求める方針です。

しかし、野党側は反対することを決めていて、ジョンソン首相はさらに厳しい状況に追い込まれています。

イギリス議会で審議されていた、EUからの離脱期限を来月末から3か月間、延期するよう求める法案は、6日までに議会の上下両院を通過し、週明けにも女王の承認を経て成立する見通しです。

ジョンソン首相は、延期を阻止しようと一度、否決された総選挙の実施を求める動議を9日、再び下院に提出する方針です。

総選挙の実施には、下院の3分の2以上の賛成が必要で、野党側の協力が不可欠ですが、最大野党・労働党や自由民主党などは、動議に反対することで一致しました。

労働党のコービン党首は、ツイッターに投稿し、「合意なき離脱の可能性が完全になくなったら、国民に信を問い、国の将来を決める」として、現時点では選挙の実施に応じない考えを示しました。

ジョンソン首相は「際限なく離脱の延期を繰り返したいなら、選挙で国民に決めてもらおうと提案したのに拒否された」などと述べ、野党側の対応を批判しました。

このままでは総選挙実施の動議は再び否決される可能性が高く、ジョンソン首相は、さらに厳しい状況に追い込まれています。


ご感想

他の情報