EU首脳会議 、相次ぐ政策見直し

EU首脳会議 、相次ぐ政策見直し  - ảnh 1
フアンロンパイEU理事会議長 (写真:BBC)

ヨー ロッパ議会の選挙では中道右派と中道左派の二大会派が引き続き過半数を占めたものの、フランスで極右政党が第一党となったのをはじめ各国でEUの統合に懐 疑的な勢力が議席を伸ばしました。これを受けてEUは27日、ベルギーの首都ブリュッセルで首脳会議を開き、選挙結果を分析するとともに今後の対応などに ついて議論を交わしました。

会議のあと記者会見したフランスのオランド大統領は「選挙を通じて多くの市民がEUに疑問を抱いていることが明らかになった。EUは成長や雇用、それに投資 の促進に力を入れなければならない」と述べてEUの政策を見直す必要性を強調しました。またイギリスのキャメロン首相は「EUはこの結果を見過ごしてはな らず、変革が必要だ。EUは大きくなりすぎた」と述べてEUに集中した権限を各国に戻すべきだとの考えを示しました。

 

ご感想

他の情報