G7外相会合3日から対面で 会場にコロナ検査場

(VOVWORLD) - G7=主要7か国の外相会合が3日から、2年ぶりに対面で行われます。
G7外相会合3日から対面で 会場にコロナ検査場 - ảnh 1  イギリスのドミニク・ラーブ外相=THX/TTXVN

G7外相会合は3日からイギリス・ロンドンで行われます。新型コロナの感染拡大を受けて去年はテレビ会議形式でしたが、今回は2年ぶりに各国の外相が一堂に会することとなり、日本からは茂木外務大臣が参加します。

新型コロナ対策として代表団の人数が制限されるほか、参加者は配布される検査キットや会場に設けられる1時間に50人が検査できる検査場で毎日検査をすることが求められます。会議を行う部屋には代表団どうしを隔てる透明なスクリーンも置かれます。
議長国であるイギリス外務省は、「パンデミックから回復していく中で、どのように安全に外交を行っていくかを示す場でもある」としています。
会合にはG7各国のほか、南アフリカ、インド、韓国、オーストラリア、ASEANの議長国であるブルネイが招かれていて、イギリス、そしてヨーロッパ各国が最近、インド太平洋地域への関心・関与を強めていることを表しています。
議題の中心はワクチンの分配を含む新型コロナ対応、気候変動、女子教育、また中国についても海洋進出や人権状況などについて話し合われると見られます。また、アメリカの呼びかけで日米韓3か国の外相が北朝鮮情勢などについて協議する方向で調整が進められています。(TBSテレビ)

ご感想

他の情報