G8外相会合開幕、対朝鮮非難声明の見通し

G8外相会合開幕、対朝鮮非難声明の見通し - ảnh 1
(写真: xinhua)


G8=主要国外相会合は10日夜、ロンドン郊外の夕食会で始まりました。内戦が深刻化するシリア問題が中心的議題でした。

11日の会合では、弾道ミサイル発射の動きを示す朝鮮民主主義人民共和国についても協議し、朝鮮民主主義人民共和国を強く非難するメッセージを議長声明に盛り込む方向で調整が進んでいました。

対北制裁に慎重だったロシアのラブロフ外相は10日、アメリカのケリー国務長官と会談し、「朝鮮民主主義人民共和国への対応についてアメリカと意見の相違はない」と言明しました。ロシアを含む各国が一致して明確なシグナルを出すことができるとみられます。

ご感想

他の情報