OPECプラス、原油市場「均衡回復の加速」に取り組む姿勢を表明

(VOVWORLD) - OPEC=石油輸出国機構と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は、新型コロナウイルスのパンデミックが生んだ余剰供給を迅速に解消する取り組みを続けると表明しました。

サウジアラビアとロシアが率いる共同閣僚監視委員会は3日、世界経済と石油需要の見通しが「不確実な」中、需給バランスの回復プロセスを遅延なく加速させることの重要性を強調しました。

世界各地での急速な燃料在庫の減少で、ニューヨーク原油先物は1年ぶり高値に押し上げられています。閣僚監視委の声明発表後、原油相場は一段高となりました。

サウジアラビアによる追加減産について、声明は「感謝とともに留意した」と言及しています。(Bloomberg.co.jp)

ご感想

他の情報