21年度予算案106兆円超、9年連続で過去最大に=日本報道

(VOVWORLD) - 日本経済新聞などは17日までに、政府が2021年度予算案の編成で、一般会計総額について106兆円を超える規模とする調整に入ったと報じました。

新型コロナウイルス対策で予備費を5兆円積むほか、社会保障や防衛の費用が膨らむ見通しで、9年連続で過去最大を更新する見込みということです。

日経によりますと、21年度の税収見積もりは20年度当初を下回り、新規国債発行額も11年ぶりに前年度当初比で増える見込みです。歳出の拡大はコロナの感染拡大に備えて予備費を例年の5000億円から大幅に増やすのが主な要因になるということです。(ロイター)

ご感想

他の情報