22日の第13期ベトナム国会第5回会議

22日、ハノイで開催中の第13期ベトナム国会第5回会議では2012年の経済社会発展計画の実施状況、2013年始めからの経済社会発展計画と国家予算の実施状況、2011年の国家決算について討議が行われました。

22日の第13期ベトナム国会第5回会議 - ảnh 1

討議で、「困難に直面している中、政府の指導の下で、企業と国民は経済社会発展に前向きな成果を収めていますが、今年の目標遂行をするため、年末までさらに取り組む必要がある」との意見が相次ぎました。中部ゲアン省選出のグェン・ドク・ヒェン( Nguyen Duc Hien) 国会議員は貧困解消分野に関して、次のように語りました。

(テープ)

「現在、ベトナムには大小1000ヶ所もの水力発電所がありますが、水力発電所建設事業のためダムサイトから立ち退きを迫られた住民の生活はまだ多くの困難に直面しています。そのため、これらの住民を対象にした特別な優遇政策を制定する必要があります。今年末、政府はこの問題に関して報告しなければなりません。貧困世帯を対象にした低金利融資に関しては、貧困世帯、準貧困世帯のほか、水力発電所建設事業のダムサイトから立ち退きを迫られた住民をもその対象のリストに入れる必要があります」

経済発展分野に関して、国会議員はこれまでのマクロ経済の安定化に達成した成果を認めた上で、経済の安定した成長を確保するため、政府はいくつかの重要な問題の解決に力を入れる必要があるとの見解を示してきました。ハノイ市選出のファム・フイ・フン( Pham Huy Hung) 国会議員は次のように語りました。

(テープ)

「私たちは経済再構築に関してより具体的な提案を作成するよう提案します。これと同時に、政府と関連各機関は消費の奨励、在庫一掃、不良債務の解決、不動産市場の凍結などの問題の解決のため、断固とした措置を取る必要があると思います」

討議では農業への投資、海洋経済の発展などを強化する必要があるとの意見も寄せられました。

ご感想

他の情報