ADB アジアの発展途上国へのさらなる支援を呼びかける

(VOVWORLD) - ADBアジア開発銀行が9月30日に発表した報告によりますと、アジア太平洋地域の発展途上国は、SDGs持続可能な開発目標を達成するために、より優先的な支援を受ける必要があるとしています。

この報告は、同地域の紛争多発や気候変動の深刻化などは、これまで貧困解消事業で収めてきた成果をゼロにする恐れがあるとして、同地域の諸国がさらに努力しなければ、持続可能な開発のための2030アジェンダを実現することはできないであろうと警告しています。

報告によりますと、2013年から2018年までの5年間、ADBはアジアの発展途上国に210億ドルの優遇的な借款を提供し、その中の58億ドルは無償援助です。これにより、アジアのきわめて貧困状態にある人々が減りつつあったものの、持続可能な開発に関する大規模な行動計画は必要であるとしています。

ご感想

他の情報