EU、ロの「敵対的攻撃」非難へ

【共同】アメリカやオランダがロシア情報機関による化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)へのハッキングを告発した問題で、EU=欧州連合加盟国は18日発表する首脳会議声明で、これを「敵対的サイバー攻撃作戦」だとして非難する方針を決めました。
  EU、ロの「敵対的攻撃」非難へ - ảnh 1 (写真:AFP/TTXVN)

共同通信が12日、声明草案を入手しました。

18日はEU首脳会議に続き、ASEM=アジア欧州会議首脳会議がブリュッセルのEU本部で開催され、ロシアのメドベージェフ首相らが参加します。草案はロシアの名指しを避けていますが、こうしたタイミングでの対ロ非難はEUとロシアの関係を一層冷却させそうです。

ご感想

他の情報