EU、国境制限の緩和促す 観光正常化と安全確保へ指針

(VOVWORLD) - EU=欧州連合欧州委員会は13日、新型コロナウイルス感染の減速を受け、欧州内の国境往来の制限緩和や、移動の際の安全確保のための指針を発表しました。
EU、国境制限の緩和促す 観光正常化と安全確保へ指針 - ảnh 1          (写真:Vox)

夏の観光シーズンが近づく中、国境制限の緩和を促して域内総生産(GDP)の10%を占める旅行・観光業を徐々に正常化し、経済への悪影響の軽減を図る考えます。

互いに国境を接するドイツ、オーストリア、スイスは6月15日から3国間の国境を開放する方針を示すなど、各国は制限緩和に向かっています。EUと一部周辺国は特別な場合を除き、出入国管理をしないのが原則です。

各種移動制限で欧州の観光業は大打撃を被りました。指針は「自由な越境が観光の鍵。ウイルス流行を抑えられた加盟国は、包括的な移動規制を、対象を絞った措置に置き換えるべきだ」と指摘しました。

その上で列車やバスでは、乗客間の距離を保つための輸送定員の抑制や除菌液の常備、乗員のマスク着用などを求めました。飛行機については乗客を減らせば採算が取れないと格安航空会社(LCC)が訴え、具体的措置の提示が先送りされました。

不要不急の欧州入域は6月15日まで原則禁止されています。

ご感想

他の情報