EU、日本など15か国からの渡航解禁 米国は除外

(VOVWORLD) - EU=欧州連合は6月30日、日本など域外15か国からの渡航を7月1日から解禁することで合意しました。新型コロナウイルスの感染が拡大するアメリカは除外されました。
EU、日本など15か国からの渡航解禁 米国は除外 - ảnh 1      (写真:AFP/TTXVN) 

新型ウイルスの流行は世界で加速しており、死者数は50万5000人に到達しました。各国は感染の再拡大防止と経済復興の両立に苦慮しており、中南米とアメリカでは一部地域で感染の拡大が続いています。

EU加盟各国は数日にわたる協議の結果、現地での流行収束に伴い居住者の入域を許可する国として、日本に加えてアルジェリア、オーストラリア、カナダ、ジョージア、モンテネグロ、モロッコ、ニュージーランド、ルワンダ、セルビア、韓国、タイ、チュニジア、ウルグアイの計14か国を承認しました。主要国ではアメリカのほか、ロシア、トルコも除外されました。

昨年新型ウイルスが最初に発生した中国については、中国政府がEU圏内居住者の渡航を受け入れることを条件に渡航が許可されました。

今回の緩和措置は、3月中旬から続く渡航制限により大きな打撃を受けた観光業界を救済する狙いがあります。緩和措置は2週間後に見直しが行われ、実際に施行するか否かは各加盟国の判断に委ねられます。(AFP)

ご感想

他の情報