FBI、イスラム国の攻撃を警告


アメリカの有力紙によりますと、 FBI=アメリカ連邦捜査局と国土安全保障省はシリアとイラクで活動する過激派組織「イスラム国」がアメリカ軍関係者を標的にした攻撃を計画している可能性があるとして、インターネット上で個人の特定につながる情報を発信しないよう警告を発しました。

FBIなどが警告を出したのは11月30日です。アメリカ国内で軍関係者を攻撃するため、海外から国内での実行役を探しているとの情報を最近入手したということです。

イスラム国関係者の関心を引かないよう、ソーシャルメディアなどで発信する情報を十分吟味するよう米兵らに呼びかけています。イスラム国は8月、アメリカ軍が攻撃すれば「いかなる場所」でもアメリカ人を攻撃するとのビデオ声明を発表しました。

アメリカ当局は、こうした声明に呼応して自国民によって起こされる「ホームグロウン・テロ」の可能性を警戒しています。

 

ご感想

他の情報