GMSビジネス・サミットが始まる

(VOVWORLD) -ロック会頭は「GMSの経済協力開発プログラムが発足されてから25年後の現在、ADB=アジア開発銀行の支援により、GMS加盟諸国は経済発展に関して多くの成果を収めたもののアジアにおいて貧困率が高い地域である」と明らかにしました。
GMSビジネス・サミットが始まる - ảnh 1     VCCIのブー・ティン・ロック会頭

30日、ハノイで、VCCI=ベトナム商工会議所と外務省の共催により、 GMS=大メコン圏のビジネス・サミットが開幕しました。2000人が参加しているこのサミットは2018年におけるベトナム最大の国際フォーラムです。

開会式で、VCCIのブー・ティン・ロック会頭は「GMSの経済協力開発プログラムが発足されてから25年後の現在、ADB=アジア開発銀行の支援により、GMS加盟諸国は経済発展に関して多くの成果を収めたもののアジアにおいて貧困率が高い地域である」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ) 

「新しい発展段階に入り、GMSは多くのチャンスに恵まれる一方、多くの試練にも直面しています。その中で、最も大きな試練はGMS加盟諸国がグローバルなサプライチェーンに接続できるように体制の品質と企業の競争能力を高めなければならないということです。今後、GMS加盟諸国はスタートアップや零細・中小企業の発展、女性が運営する企業の発展を発展の原動力にする必要があります」

GMS諮問評議会の会長を務めるラオス商工会議所のアウデット・ソバナボン会頭はGMS企業共同体へ支援する決意を固め、次のように語りました。

(テープ)

「私たちは中小企業がGMSに積極的に参加するため、これらの企業に資金を供給します。私たちは貿易、ロジスティク、インフラ整備に多くの成果を収めました。GMSが発足されてからまもなく30年間が経った現在、私たちは加盟諸国の積極的な参加を集めるため、経済回廊をさらに拡大させるよう呼びかけます」

なお、GMSビジネスサミットはベトナムの構想により実施されたGMSサミットの枠内における初めての会議です。


 

ご感想

他の情報