IAEA イランの低濃縮ウラン 核合意で規定の10倍以上保管

(VOVWORLD) -IAEA=国際原子力機関は、イランの核開発に関する最新の報告書をまとめ、イランで核物質が保管されている疑いが持たれている施設を査察したことを明らかにする一方、低濃縮ウランが核合意で定められている量の10倍以上に達していると指摘しました。
IAEA イランの低濃縮ウラン 核合意で規定の10倍以上保管 - ảnh 1      (写真:IRNA/TTXVN)

IAEAは4日、イランの核開発に関する最新の報告書をまとめ、理事会のメンバーに通知しました。

この中でイランで核物質が保管されている疑いが持たれている2か所の施設のうち1か所を査察し、核物質を検出するためのサンプルを採取したことを明らかにしました。

また、もう1か所は今月下旬に査察するとしています。

今回の査察は、IAEAのグロッシ事務局長が8月下旬に、イランを初めて訪れて、イラン側から協力を取り付けたもので、IAEAは今後、査察内容の分析を進める予定です。

また今回の報告書では、イラン国内の核施設で生産されている低濃縮ウランの量がさらに増え続け、核合意で定められている10倍以上に達していると指摘しています。

IAEAは今月14日から理事会を開き、イランの核開発の最新の状況について理事会のメンバーに説明する予定ですが、イランが査察の受け入れなど柔軟な姿勢を示す一方、依然として核開発を続けていることに対し、アメリカなどが批判を強めることが予想されます。(NHK)

ご感想

他の情報