IS、支配地の95%失う 米主導の有志連合発表

【AFP】イスラム過激派組織「IS=イスラム国」掃討作戦を行う米主導の有志連合は15日、ISが2014年に「カリフ制国家」の樹立を宣言したイラク、シリア両国内の支配地のうち、これまでに95%を失ったと発表しました。

IS、支配地の95%失う 米主導の有志連合発表 - ảnh 1         (写真:TTXVN)

有志連合のアメリカ特使を務めるブレット・マクガーク氏は、ヨルダンでの会合出席後の同日夜に出した声明で、「2014年に有志連合が組織されて以来、ISIS(ISの別称)はイラクとシリアでかつて支配していた地域の95%を喪失した」と指摘しました。これまでに750万人以上がISから解放されており、ISの財政は「過去最低水準」にあるとも明らかにしました。

ISの国家設立という夢が相次ぐ敗戦により崩れ去ろうとする中、西側諸国の関心は、帰国した外国人戦闘員による襲撃事件の阻止へと移ってきています。マクガーグ氏は、シリアへのIS外国人戦闘員の流入は「ほぼ停止」したと強調しました。国境通過の際に拘束される過激派メンバーが増加していると述べています。

ご感想

他の情報