クメール族の「Ngoボートレース」

(VOVWORLD) - クメール族の最大の祭りとして10月の満月の日に行われる「オク・オム・ボク」祭りで、豊作の祈願を意味する「ゴー」という船のレースがあります。

先ごろ、ベトナム南部メコンデルタにあるソクチャン省で、少数民族クメール族のオク・オム・ボクという祭りが行われました。オク・オム・ボクは、クメール族の最大の祭りで、この民族の文化や信仰を物語っていますが、この祭りの目玉となる活動は、「ゴー(Ngo)」という船のレースです。

クメール族の「Ngoボートレース」 - ảnh 1 「ゴー」ボートレース

ベトナムの54の民族の内、130万人の人口を擁するクメール族は最も人口が多い少数民族の一つで、チャビン省、ソクチャン省、アンザン省など、南部メコンデルタの各省に集中的に居住しています。

河川が織り交ざるメコンデルタに居住しているこの民族は、魚やエビから作られる漁醤をよく食用しています。また、船の種類も豊富で、その中で、「ゴー」(Ngo) と呼ばれる長さ30メートルの細長い船は、クメール族の精神文化を支える最も重要なものです。クメール族の最大の祭りとして10月の満月の日に行われる「オク・オム・ボク」祭りで、豊作の祈願を意味する「ゴー」という船のレースがあります。祭りの目玉であるボートレースは、約50人の男性が「ゴー」に乗ってスピードを競い合います。

このボートレースに参加するチームの多くは、この地域の寺院に所属しています。そして、ボートの多くは寺院の所有です。そして、勝者の賞金はその寺院に寄付されることが一般的です。レースが始まる約1ヶ月前、各寺院は、周辺の若者の中から、元気な人を集めてチームを作ります。そして、毎日のように、夕方になると、練習をします。今年の祭りを準備するため、各チームは熱心に練習しました。

今年、ソクチャン省ミスエン県タムドン村にある「プノカインチョトメイ(Pno Kanh Cho Thmay)」といお寺は、現地行政府と村人の支援を受け、チームを作ることができました。このお寺のチームがボートレースに参加するのは今年が初めてです。お寺の管理委員会のソンキエンさんは次のように話しました。

(テープ)

「最初は、チームのメンバーがこんなに大勢に集まることは思えませんでした。しかし、村人の素晴らしい支援を受けて、強いチームを結成しました。皆、ボートレースを楽しみました。」

初めてボートレースに参加するので、漕ぎ手は皆、熱心に練習しました。漕ぎ手のズオン・クォック・ティさんは次のように話しました。

(テープ) 

「毎日、午後4時になると、練習のためお寺へ行きます。前は、他のお寺のチームに参加しましたが、今は我が村のお寺が初めてボートレースに参加するので、とてもうれしく思っています。頑張って練習しています。」

クメール族にとって「ゴー」という船は価値のある財産であり、精神生活において貴重なものでもあります。こうした船「ゴー」は、村の顔と見なされています。ソクチャン市にある「チョロイトゥムチャス」というお寺の住職リ・デン僧侶は次のように語りました。

(テープ) 

「ゴーというボートレースは昔から伝わるクメール族の伝統的な祭りの目玉活動です。ボートレースの準備として、漕ぎ手が集まって練習します。船を修理したお寺もあれば、新しい船を作ったお寺もあります。本当に楽しいレースですよ。」

「ゴー」ボートレースはクメール族の重要なイベントであるだけでなく、国内外の観光客を引き付ける魅力的な観光イベントともなっています。

ご感想

他の情報