2020年の成長、有力分野による原動力

(VOVWORLD) - ベトナムのGDP =国内総生産の伸び率は2019年、7・02%に達し、2年連続で7%を超えています。経済専門家らによりますと、この成果は2020の成長に弾みをつけるものとなるとしています。
2020年の成長、有力分野による原動力 - ảnh 1

ベトナムの7・02%という成長率はアジア諸国の中で高いレベルにあります。また、財政赤字やインフレ抑制に関する指数が改善され、外貨準備高が増加していることから、ショックに対するベトナム経済の抵抗力が強化させるようになります。中央経済管理研究院のグエン・ディン・クン元院長は公的債務や赤字予算に関する指数が低下し、外貨の為替相場が安定して、外貨準備高が増えていることにより、ベトナム経済のパワーが増しているとの見解を示しました。クン氏は次のように語りました。

(テープ)

「今年、党中央委員会の第12期の最後の年なので、経営環境を中心とする改革が進められ、民間経済セクターの発展や国営企業の改革に弾みをつけることが狙いです。今年も、民間経済セクターは発展の波に乗って、ベトナムの経済成長の原動力となり続けています。また、今年、公共投資の実施が改善され、GDPの伸び率は6・8%~7%に達する見通しです。」

一方、VCCI=ベトナム商工会議所のブ・ティエン・ロック会頭は異なる角度から予測を出すことにより、成長と発展の維持を目指す総合計画の作成が図られるであろうとの見解を述べました。ロック氏は次のように語りました。

(テープ)

「2020年と向こう数年、投資チャンスは紡績縫製、木材製品、電子、農・水産物などの有力分野や小売り、観光、ロジスティックス、娯楽、教育、医療、裾野産業などの分野にあります。また、グリーン・エコノミー、創造経済、デジタル・エコノミー、スマートシティづくりなどの新分野も大きな潜在力があり、企業各社に多くのチャンスをもたらすと評されています。」

今年、力強い発展を遂げる5つの分野として日用品の生産、観光、ロジスティックス、建設と建設資材生産、農業と農業補助サービスが挙げられています。また、およそ1億人規模の人口を抱える国内市場の開拓は、経済成長に原動力をつけるとしています。SSI証券株式会社の開発研究の責任者であるグエン・ドク・フン・リンさんは次のような意見を述べました。

(テープ) 

「およそ1億人規模の国内市場を活用する分野はベトナムの長期的な成長を左右すると思います。国内市場が大きくて、外国での輸出市場の拡大に土台をつくるものとなっています。国内市場で小売りや日用品だけでなく、芸術、娯楽、教育分野も発展する余地が大きいでしょう。」

ベトナム経済は発展を維持するためのメリットと良い基盤がありますが、外部からのリスクや国内の試練、弱点が存在しています。今後、持続的な経済発展を遂げるため、メカニズムの改革や、投資経営環境の改善は優先課題に位置付けられなければなりません。

ご感想

他の情報