ASEAN共同体、団結し困難を乗り越える

(VOVWORLD) -今週の4月14日に、ASEAN=東南アジア諸国連合の議長国ベトナムのグエン・スアン・フック首相の主宰の下で、新型コルナウイルス感染症の対応を協議するASEAN首脳テレビ会議、及び、ASEANと日本、中国、韓国の3カ国によるASEAN+3首脳テレビ会議が開催されました。

会議の共同宣言は、ASEANの団結精神を改めて強調すると同時に、ASEAN加盟諸国間、及び、ASEANとパートナーとの協力の強化に向けた政治的公約を示しています。また、これらは新型コロナウイルスとの闘いで勝利する力になることを強調しています。

ASEAN特別首脳会議の演説で、フック首相は「この会議は、新型コロナウイルス感染症が世界的に流行している背景の中で、極めて重要な意義を持っている。」と強調しました。「団結と主体的適応」という精神で、ASEAN加盟諸国の指導者らは、疫病対策における協力を促進すると同時に、ASEAN地域の長期的でダイナミックな発展を確保ための具体的な方策や、構想を打ち出しました。会議は、疫病蔓延の制御と防止を目指す政治的決意を公約を示す「ASEAN議長声明」を採択しました。

一方、ASEAN+3首脳会議で、各国の指導者らは、疫病の早期終息、国民の利益保護、経済社会発展への被害を最小限にすると共に、疫病終息後の経済回復計画を目指して、経験交換をしたほか、具体的な措置を討議しました。会議の共同宣言の中で、各国は、経験や政策、治療方法、臨床疫学研究を分かち合う用意があると同時に、医療設備を補助し、新型コロナ感染症の治療薬とワクチンの開発に協力を促すことを公約しました。

ASEAN2020議長国、新型コロナウイルス感染症対策に関するASEAN特別首脳会議とASEAN+3首脳会議の主催国としてのベトナムが打ち出した構想や提案、テーマなどは各国から支持されています。

ASEAN2020議長国としてのベトナムの積極的かつ主体的な行動は、ASEAN域内、及び、ASEANとパートナーの団結精神と主体的適応の促進に貢献してきました。

新型コロナウイルス感染症対策に関するASEANとASEAN+3特別首脳会議を通して、ベトナムとASEAN、及び、相手国は、団結の炎を灯し、この疫病との闘いへの勝利の決意を固めてきました。

ご感想

他の情報