タイ 観光客受け入れ本格的に再開へ 日本など “隔離免除”

(VOVWORLD) -タイは、日本を含む40以上の国と地域からの旅行者を対象に、来月から入国時の隔離を免除すると発表しました。観光客の受け入れを本格的に再開することで、打撃を受けた観光業の振興が期待されています。
タイ 観光客受け入れ本格的に再開へ 日本など “隔離免除” - ảnh 1(写真:Bangkok Post)

タイ政府は21日夜、新型コロナウイルスの「感染リスクが低い」と判断した日本を含む46の国と地域を発表しました。


そして、これらの国と地域からの旅行者を対象に、ワクチン接種が完了していることやPCR検査で陰性が確認されたことなどを条件に、入国時の隔離を来月1日から免除すると明らかにしました。

タイのプラユット首相は、今月11日のテレビ演説で、隔離を免除する国を少なくとも10か国と説明していましたが、結果的に対象が大幅に拡大されました。

タイ政府は、新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた去年3月以降、非常事態宣言を出して外国人の入国を厳しく制限したうえ、2週間の隔離や高額の医療保険の加入などを義務づけて、旅行者に対して事実上、国を閉ざしてきました。

来月から観光客の受け入れが本格的に再開されることになり、首都バンコクの国際空港では、PCR検査の流れや入国審査の手順などを確認するリハーサルが始まりました。

感染拡大前、タイは年間およそ4000万人が訪れる観光大国で、打撃を受けた観光業の振興が期待されています。

(NHK)

ご感想

他の情報