ハイチで誘拐された17人の米国宣教師、家族:報告

(VOVWORLD) - 地元当局によりますと、彼らはグループの何人かのメンバーを解放するために空港に行くバスから誘拐され、ハイチに別の方向に行きました。
ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)は、治安当局を引用して、17人のアメリカ人キリスト教宣教師とその家族(子供を含む)がハイチの首都ポルトープランスのギャングメンバーに拉致されたと報告しています。

タイムズ紙によりますと、宣教師が危機に瀕していたカリブ海に孤児院を去っていたときに拉致が行われました。

地元当局によりますと、彼らはグループの何人かのメンバーを解放するために空港に行くバスから誘拐され、ハイチに別の方向に行きました。

「我々は調査している」とワシントンの州務省のスポークスウーマンであるジェニファー・ビアウは電子メールで言いました。

ハイチのアメリカ大使館は、営業時間外にコメントの要求に応じませんでした。 ハイチ警察のスポークスマンは、彼が問題に関する情報が欲しいと言いました。

報告書は宣教師や彼らの教会についての詳細を提供していませんでした。 集団暴力の高まりは、何千人もの人々を追放し、アメリカの最貧国の経済活動を妨げてきました。

7月のジョブネルモイーズ大統領の暗殺と8月の地震により、2,000人以上が死亡した後、暴力は激化しました。(CroatiaNews)

ご感想

他の情報