人身取引対策の会議

(VOVWORLD) -7月30日の人身取引反対世界デーに応え、30日午前、ハノイで、ベトナム婦人連合会中央委員会は公安省と連携して、人身取引対策に関するオンライン会議を開催しました。
人身取引対策の会議 - ảnh 1会議の様子(phunuvietnam.vn撮影)

席上、グエン・ズイ・ゴック公安次官は、「人身取引に関与した犯罪は複雑に推移していることから、関連各省庁、部門は、2021年~2025年期の人身取引対策プログラムの主要な任務と方策、及び2030年までの方向に沿って、人身取引対策を講じる必要がある」と強調し、次のように語りました。

(テープ)

「中央レベルの法執行機関は、人身取引事犯を厳格でかつ適宜に摘発し、処分するためのあらゆる措置を足並みを揃えて講じると共に、国際組織や各国の司法機関と緊密に連携して、人身売買ルートを摘発し、被害者を適宜に救済する必要があります。同時に、被害者の境遇などを深く理解した上で、効果的な人身取引対策を打ち出し、被害者の社会復帰を支援してゆきます。」

なお、公安省の統計によりますと、2016年~2020年までの期間に、毎年、人身取引事犯の検挙件数は260件、人身売買罪に関与した者の数は340人となっています。また、人身取引の被害者は、およそ500人で、その主な対象者は女性と子どもです。

ご感想

他の情報