米ロ首脳 ウクライナやイラン巡り電話会談

米ロ首脳 ウクライナやイラン巡り電話会談 - ảnh 1
(写真:EPA)
 

(NHK) アメリカのオバマ大統領はロシアのプーチン大統領と電話で会談し、ウクライナ情勢を巡って停戦合意を完全に履行するよう求める一方、今月末の交渉期限が迫るイランの核開発問題については、結束して交渉に当たることが重要だと強調しました。

これは、アメリカのホワイトハウスが25日に発表したもので、ロシアのプーチン大統領からオバマ大統領に電話があったとしています。

電話会談でオバマ大統領は、緊張が続くウクライナ情勢を巡って、ロシアがウクライナから軍の部隊や武器を撤収させるなど、停戦合意を完全に履行するよう求めたということです。ただ、ホワイトハウスは、プーチン大統領がどのように応じたかは明らかにしていません。

一方で両首脳は、今月末の交渉期限が迫るイランの核開発問題について、イランが核兵器を保有することを阻止するため、結束して交渉に当たることが重要だと強調したとしています。

オバマ大統領とプーチン大統領が電話で会談するのは、ことし2月以来とみられます。

ご感想

他の情報