「電子商取引・中小企業の有利な経営環境」

「電子商取引・中小企業の有利な経営環境」 - ảnh 1


28日午後、ハノイで、「中小企業の活動に関するインターネットと電子商取引の影響」と題するシンポジウムが行なわれました。

席上、ベトナム社会科学アカデミーに属する地域の持続的な発展研究院のグエン・ディン・チュック副院長は「インターネットと電子商取引は取引コストの軽減や平等な取引場づくり、マーケッティングの促進、企業内外の情報交換の拡大、国際市場へのアプローチなどを支援することから中小企業に有利な経営環境を作り出すとの見解を示しました。

なお、2012年と2013年現在、べトナムのパソコンの台数は11%増となり、インターネット利用者数は3千万人、移動体通信3G加入者は1700万人を越えています。

 

 

ご感想

他の情報