チャム族の神殿祭


3日、中部トゥアティエンフエ省フゥオンチャ県フゥオンチャ村にあるホンチェン神殿祭が開幕し、地元住民と観光客合わせて数万人が参加しました。

ホンチェン神殿はベトナムの少数民族チャム族の人々がポナガル(Ponagar)女神を祀る場所です。また、ベトナムの最初の改革事業を提唱したとされるミンマン(Minh Mang)王の功績に結びついているものでもあります。

近年、ホンチェン神殿は宗教的な場所だけでなく、史跡地区や文化的観光地ともなっています。

ホンチェン神殿祭りは毎年旧暦7月中旬に開催されます。今年は、新暦8月3日から5日に開かれ、国内外の観光客を集めています。

 

ご感想

他の情報