ミン副首相兼外相、露など3カ国の外相と電話会談

ミン副首相兼外相、露など3カ国の外相と電話会談 - ảnh 1

16日、ファム・ビン・ミン副首相兼外相はインドネシアのマルティ・ナタレガワ外相、シンガポールのシャンムガム外相、ロシアのイワノフ外相と電話会談を行いました。

これらの会談で、ミン副首相兼外相は中国がベトナムの排他的経済水域と大陸棚に石油リグを不法に設置したことに関する新たな動きを知らせ、その中で、最近、中国は大量の軍艦と対空ミサイルを搭載したフリゲート艦を配備した。ベトナムは中国に対し、その石油リグと軍艦をベトナムが領有権を主張している海域から撤収するよう強く要求している」と明らかにすると共に、この海域の緊張緩和を目指すベトナムの外交面での努力を知らせました。これに対し、各国の外相は「ベトナムと中国が自制をし、不一致点を平和的措置で解決する」希望を表明しました。

他方、先日、ベトナムの幾つかの地方で発生した企業と外資系企業の資産破壊と公務執行妨害の事件について、シンガポールのシャンムガム外相と会談した際、ミン副首相兼外相は「現在、数日前に暴力が起きた地方の治安情勢が安定している。ベトナムは治安秩序の騒乱と企業の資産の破壊活動を行った人々を厳格に取り締まり、シンガポールを含め、外国人投資家とその資産の安全を守るため全力を尽くす」と強調しました。

 

 

ご感想

空又 覚造

中ロ友好善隣条約の中に,領土に関する取り決めがあります。

 越露の条約は知りませんので,越中との関係で教えて頂ければ幸いです。

他の情報