ワシントンで「アジア地域の構築」シンポ

ワシントンで「アジア地域の構築」シンポ - ảnh 1
在アメリカベトナム大使

先頃、ワシントンで「アジア地域の構築」と題するシンポジウムが行われました。これは10月に予定されているAPEC=アジア太平洋経済協力会議と東アジア首脳会議を控え、開催されたもので、安全保障、経済、経営の展望は主要議題に取り上げられました。

在アメリカベトナム大使館のグエン・クォク・クオン大使はメインスピーカーとして参加しました。シンポジウムでクオン大使は「東アジア首脳会議は世界各国の指導者を集め、戦略的問題を討議する場である」と強調するとともに、地域の平和、安定、安全保障、航海の自由の確保や国際法を基礎とする紛争の平和的解決を目指し、対話、協力、信頼醸成の促進に際し、役割を強化し続けると同時にDOC=南シナ海行動宣言の実施とCOC=南シナ海行動規範の作成に向けての中国とASEANの取り組みを支持する必要があるとの見解を示しました。

また、クオン大使はベトナムは東アジア首脳会議へのアメリカの参加を支持した最初の国の一つであると明らかにするとともに、アメリカが地域の平和、安定、繁栄に貢献するよう希望を表明しました。

ご感想

他の情報