「南北共同委員会」、半年ぶり開城工業団地で開催

「南北共同委員会」、半年ぶり開城工業団地で開催  - ảnh 1

3月13日の南北共同委員会会議の光景(写真: Yonhap/TTXVN)

韓国と朝鮮民主主義人民共和国の協力事業「開城(ケソン)工業団地」の運営について話し合う「南北共同委員会」が半年ぶりに朝鮮民主主義人民共和国の開城工業団地で開催されました。
韓国側は、規制されている韓国企業の通常の出入りや国際化に向けて必要となる団地内でのインターネットや携帯電話の利用に関して提案したとみられ、朝鮮民主主義人民共和国がどのように応じたのか注目されます。
朝鮮民主主義人民共和国は朴槿恵(パク・クネ)政権への対決姿勢を依然緩めず、今年2月の米韓合同軍事演習以降、韓国側の「南北共同委員会」の開催要請に応じない状況が続いていました。
しかし、今後、9月に予定されている仁川アジア大会への参加も含め、政治以外の分野での南北交流には臨む姿勢を示してくる可能性があります。

ご感想

他の情報