チュオンサ群島での中国の違法な活動に反対するベトナム

(VOVWORLD) -26日に行われた外務省の定例記者会で、中国がベトナムのチョオンサ群島スービ岩礁とチュウタップ岩礁の2か所で研究施設の運用を開始したことについてレ・ティ・トゥ・ハン報道官は、「これは、違法な活動である。」と強調するとともに、中国に対し、両国民の利益に逆行し、ベトナム東部海域の状況を複雑化させる全ての活動を直ちに中止させるよう求めました。
カインホア省 チュオンサ群島のテトを迎える雰囲気を生放送

カインホア省 チュオンサ群島のテトを迎える雰囲気を生放送

(VOVWORLD) - ベトナムの伝統的旧正月テト及び2月3日のベトナム共産党設立90周年にあたり、21日夜、中部カインホア省の放送局は、特別番組を放送し、同省のニャチャン市、カムラン市、ニンホア町、チュオンサ群島という4カ所のテトを迎える雰囲気を生放送しました。
「漁民とともに歩む海上警察」プログラム

「漁民とともに歩む海上警察」プログラム

(VOVWORLD) - 13日、北東部クアンニン省の沖合にあるコト島で、第1管区海上警察司令部が現地行政府と協力して、「離島のテト」と題するイベントを行ったほか、「漁民とともに歩む海上警察」というプログラムを発動しました。
国際協力の強化  UNCLOSの履行の促進

国際協力の強化 UNCLOSの履行の促進

(VOVWORLD) - 国際協力は、UNCLOS=1982年国連海洋法条約の履行を促進させ、地域の平和・安全保障・繁栄に弾みをつけていると言えるでしょう。

国際協力の強化 海上の安全保障

(VOVWORLD) - 14日、ハノイで、ベトナムや、カナダ、EU=欧州連合の共催により、1982年国連海洋法条約に関するARF=ASEAN地域フォーラムの第2回シンポジウムが2日間の議事日程を終え、閉幕しました。
ロシアでベトナム東部海域問題に関するセミナー

ロシアでベトナム東部海域問題に関するセミナー

(VOVWORLD) - 11月1日、モスクワに本部を置く国立司法学院で、ベトナム東部海域(南シナ海)問題に関するセミナーが行われました。ロシア連邦最高裁判所に属するこの大学がベトナム東部海域に関するセミナーを行うのは今回が初めてです。
ホアンサとチュオンサの両群島はベトナムのもの

ホアンサとチュオンサの両群島はベトナムのもの

(VOVWORLD) - ホアンサとチュオンサの両群島に対するベトナムの領有権は強固な歴史的・法的証拠によるものです。これは、ベトナム国際法学会のグエン・バ・ソン会長が中国国際法学会の皇進会長に送った書簡で明らかにしたものです。
露の学者:「ベトナム東部海域問題等はアセアンサミットの主要議題」

露の学者:「ベトナム東部海域問題等はアセアンサミットの主要議題」

(VOVWORLD) -1日のロシア通信社「リアリスト(Realist)」は、ユーラシア科学研究補助基金の専門家評議会議長であるグリゴリー・トロフィンチュク学者の投稿を掲載し、その中で、「ベトナム東部海域、いわゆる南シナ海の状況と地域安全保障は、タイのバンコクで開催中の第35回ASEAN=東南アジア諸国連合サミットの主要議題の一つである」と明らかにしました。
ベトナム 非同盟運動の閣僚級会合に参加

ベトナム 非同盟運動の閣僚級会合に参加

(VOVWORLD) - 23日、アゼルバイジャンの首都バクーで非同盟運動の閣僚級会合が開催されました。この会合は、10月25日と26日の両日にバクーで開催される第18回非同盟諸国首脳会議の準備です。
米国の専門家、越の排他的経済水域での中国行動を非難

米国の専門家、越の排他的経済水域での中国行動を非難

(VOVWORLD) -先ごろ、韓国ホームページ「m.newsprime.co.kr」は、アメリカ海軍作戦学院の専門家であるライアン・マティンソン准教授の見解を引用し、その中で、「中国の海洋調査船「海洋地質8号」がベトナムの『バイ・トゥ・チン』(英語名:バンガード堆)で活動を行ったことは、国際法に違反した行為であった。ベトナムは、中国に対し、ベトナムの排他的経済水域から海洋調査船を脱出させるよう何度も求めていた」と掲載しました。

アジア国際法開発会議に参加するベトナム

(VOVWORLD) -10月14日から18日にかけて、インドネシアで、DILA=アジア国際法開発基金は、KMI=韓国海洋水産開発院、及び、インドネシア大学と連携して、アジア国際法開発会議を開催し、23の国と地域から100人の法律研究者、専門家が参加しています。