ベトナムポップス



ご機嫌、いかがですか皆さん、

ハノイは涼しくなり、秋の香りがこの町の至る所に漂ってきました。

ハノイの人々の心もロマンチックになっています。

こういう光景を見ると、福岡県の外村文人さんからの便りを思い出します。外村さんは「私の村」、「南部の子守唄」などを「何回聞いても、飽きない」と思いますと何度もリクエストしてくださいました。ベトナムのメロディーが外村文人さんの心に染み込んだのでしょうか。今日のこの時間はベトナムポップスをお届けします。

はじめにタインラム歌声で「家の軒先に注ぐ日差し」(Giot nang ben them )をどうぞ

「バラ花が私の庭で咲いている

鳥が私の畑で鳴いている

日差しは家の軒にやさしく注ぐ

歌は過去の思い出に溢れる」

 

では次に 歌手の歌声で「ハノイ、静かな夜」(im lang dem ha noi)をどうぞ

「花の香が小さな部屋に漂う

秋の夜、冷たい月や星

寒い風をなでる君のスカーフ

君の傍にいる僕

古い通りをゆっくり歩んだ」

ではおしまいに 歌声で 「昨日の物語」(chuyen hom qua)をお聞きください

「昨日の物語をまだよく覚えている僕

美しい思い出、君よ、あなたをよく思っているよ

私達の心は一つになった

私達の思い出は永遠になる」

いかがでしたか、皆さん、今日はベトナムポップスをお届けしました。
それでは今日のリクエスト音楽はこれで終わります。
来週のこの時間をまたお楽しみにごきげんよう。

ご感想

他の情報