チェコで、ベトナムのテトを再現する空間

チェコで、ベトナムのテトを再現する空間 - ảnh 1
テトに食べるバインチュンを作る

2日夜、チェコの首都プラハで、チェコ駐在ベトナム大使館は、ベトナムの伝統的正月テトにあたり宴会を開催しました。この機に、在チェコベトナムのチュオン・マイン・ソン大使は、「ベトナムの旧正月テトは、人々が一年を振り返り、新年に入る構えをとるチャンスである。また、これは一家団欒をしたり、親戚を互いに訪れたりする時でもある」と述べました。

外国人がベトナムの伝統的旧正月テトの素晴らしさを感じたり理解できるように、プラハにおけるドンド・イベント開催センターで、ベトナムの伝統的旧正月テトを再現する空間が設置されました。ソン大使はこのように語りました。

(テープ)

「今年、我々は祖先礼拝や、大晦日の迎えなどを再現する空間の設置、ベトナム北部バクニン省の民謡クアンホとベトナムの伝統的歌唱チョウヴァンの公演などを通じて、チェコ駐在世界各国の外交団や友人にベトナムの伝統的文化を紹介したいのです。これを機に、我々は世界友人に対して、経済発展と国際社会への参入が急速に進めているベトナムをピーアールします。」

このイベントに参加したチェコの多くの人々は、ベトナムの花市場、祖先礼拝のためのお供え物の用意、大晦日に打ち上げられる花火を観賞できるようになりました。

同日、韓国駐在ベトナム大使館は首都ソウルで、ベトナムの伝統的正月テトを祝うイベントを開催しました。このイベントで、韓国駐在ベトナム大使館のファン・ヒュウ・チ大使は、ベトナムと韓国の友好関係に貢献してきた韓国友人に感謝の意を表しました。


ご感想

他の情報