伝統的な職業で経済発展を遂げるバンラム県

(VOVWORLD) -北部フンイエン省の重点的工業地区であるもののバンラム県は今なおカジュマルや、水汲み場、伝統的な職業村、及び、村人の風俗習慣を維持しており、ベトナムの田舎の古き良きの美しさを保っています。
伝統的な職業で経済発展を遂げるバンラム県 - ảnh 1バンラム県にある伝統的村の銅製品

それらはバンラム県における最も有名な伝統的な職業村は銅を鋳造するロントゥオン村です。

現在、この伝統的な職業村では約200世帯が銅の鋳造に従事しており、およそ1000人の労働者を雇っています。そして、毎年平均3万点余りの各種銅製品を出荷しています。

バオミンという銅鋳造工場の持ち主であるズオン・バン・ビエンさんは次のように明らかにしました。

(テープ)

「消費者の需要に応えられるように、私たちは、製品の質的向上を第一の基準にしています。常に、創意工夫を凝らしながら、巧みに鋳造します。」

ビエンさんが語ったように、現地にある銅の鋳造工場は、高級な製品作り、製品の競争力向上を目指して、技術移転を行ったり、労働者の技能を高めたりしています。

バンラム県人民委員会のグエン・スアン・ブ氏は次のように語りたました。

(テープ)

「現地における銅の鋳造は順調に発展しています。そのお陰で、村人は物質的にも精神的にも生活が改善されましたよ。」

ロントゥオン村の銅製品は、バンラム県のOCOP=一村一品運動の代表的な14製品の一つとなっています。

一方で、バンラム県タンクアン村を訪れると、菊の花や薬草の香りが漂ってきます。この村はずっと前から薬草を栽培する地方として知られています。現在、村全体には56ヘクタール余りの薬草栽培面積があります。薬草に合った土壌に恵まれている上、住民が経験と見識を持っていることから、最近、現地の薬草栽培面積は日々拡張されています。

バンラム県東洋医学会会長であるグエン・テ・ビエン氏は次のように語りました。

(テープ)

「この村のどこへ行っても、薬草を目にします。全ては貴重な薬草ですが、村の有名なブランドの中には菊の製品があります。それはベトナム品質研究所から高ブランド製品として認められ、金メダルを獲得しました。」

伝統的な職業で経済発展を遂げるバンラム県 - ảnh 2紫蘇の収穫(写真提供:Hưng Yên紙)

現在、バンラム県には120〜130ヘクタールの薬草栽培面積があります。この数年、地元の行政当局は、薬草栽培の発展に投資を行いました。今後も、薬草の栽培面積を拡張すると同時に、薬品の生産と消費を両立させる連携モデルを立てる方針です。現地にあるフンイエン・チャファコ有限会社、ホアティエンフー総合サービス生産協同組合などは農家の薬草を買い付けています。

チョオイザン会社のド・ティ・ムオイ副社長は次のように語りました。

(テープ)

「我が社は更なる多くの薬草を買い付けたいと思っています。現在、私たちは日本に植物オイルを安定的に輸出しています。」

農業農村開発局によりますと、フンイエン省にはおよそ850ヘクタールの薬草栽培面積がありますが、主にコアイチャウ県、バンラム県、キムドン県などに集中しています。多くの家庭は薬草の栽培面積を拡張して、薬草を主力的植物に発展させたい意向です。フンイエン省にある伝統的な職業村は日々変化しており、地元の経済社会発展に貢献しています。

ご感想

他の情報