作曲家フークアンの歌

(VOVWORLD) -ハノイはここ数日、夏の雰囲気で溢れています。日中の気温は大体33度~37度ぐらいで、けっこう蒸し暑くなってくると予想されます。皆さんのお住まいの街はいかがですか?
作曲家フークアンの歌 - ảnh 1

こんにちは、ご機嫌いかがですか、皆さん

タオです。

ハノイはここ数日、夏の雰囲気で溢れています。日中の気温は大体33度~37度ぐらいで、けっこう蒸し暑くなってくると予想されます。皆さんのお住まいの街はいかがですか?

今日のこの時間はフークアンの特集を紹介します。

フークァンは1949年に北部フートー省で生まれた、音楽家です。首都ハノイとハノイの秋をテーマとし、故郷への愛を描いた数々の作品を生み出しました。50年近くを音楽とともに歩み、様々な夢を追い続けてきた音楽家フークァンは故郷への愛、人間愛への思いを歌に込めました。フークアンは2021年12月8日、ハノイ市内のベト・ソ病院で、糖尿病のため、亡くなりました。では、今日のこの時間は作曲家フークアンの歌をお届けします。

始めに「君よ、ハノイの街」(Em Oi Ha Noi Pho)をお届けします。

「ねえ、君はハノイの街を思っているの

僕は、とてもハノイの街が恋しいから

あの通りには、秋のホアスアの香りが毎晩あちこちで溢れている

別の通りには、小雨が道を打っていた

そして、あそこには私を待っている君がいるんだ」

お聴きいただいたのは「君よ、ハノイの街」でした。

続いて、「遠いところの夢を見る」(Mo Ve Noi Xa Lam)をお聴きください。

「私は遠いところから君の夢を見た

そこは光が溢れるところ

そこは穏やかな風が吹いているところ

ハノイだ。

偶然ドアの前に落ちた木の葉の音に耳を傾けた私

何かが恋しくてたまらない

たぶん、今夜の唄は君と私のための唄だ。」

お聴きいただいた曲は「遠いところの夢を見る」でした。

ではおしまいに、「秋ではないから」(Dau phai boi mua thu)をお届けします。

「君は誰のために子守唄を歌うのか

僕のための子守唄なのか?

僕は君の子守唄だけですぐ眠りに落ちたことがある

秋じゃないのに、木の葉がたくさん落ちている。」

お聴きいただいた曲は「秋ではないから」でした。

いかがでしたか、みなさん。今回は、作曲家フークアンの歌をお届けしました。今日の音楽散歩道はこれで終わります。来週、またお会いしましょう。

ご感想

他の情報