テイ族とヌン族の民謡テンの儀式

(VOVWORLD) - 民謡テンの儀式は伝統的な信仰であり、文学・音楽・美術を結合させた総合芸術でもあると言えます。こうしたテンの儀式は現在もテイ族とヌン族の生活の中で大切に保たれています。

北部山間部に暮らす少数民族テイ(Tay)族、ヌン(Nung)族の民謡テン(Then)の儀式が2019年12月に、(ユネスコ)国連教育科学文化機関によって無形文化遺産として認定されました。これは民謡テンの儀式の価値を認めるものであり、この儀式を維持・保存するためのモチベーションともなります。

テイ族とヌン族の民謡テンの儀式 - ảnh 1テンの儀式

テンはテイ族とヌン族の文化生活と切り離せないものです。テイ族とヌン族の言葉で「テン」は天地の「天」という意味ですから、テンを歌う人は村人を代表して、神様に豊作と幸福、豊かな生活を祈る人のことをいいます。

天候に恵まれることを祈る民謡テンのほか、長寿、男女の愛情、幸運などを祈るテンもあります。祭典で演奏されるテンのほか、日常生活で歌われているテンは故郷の旅情や人々の美しさを讃えるものもあります。

民謡テンは山岳地帯の多くの地方で歌われていますが、それぞれの地方によって少し違います。ランソン省の民謡テンは切ないメロディですが、ティエンクアン省の民謡テンのテンポは速く、そして、ハザン省の民謡テンはゆるやかなリズムです。

テンの儀式は、これらの民族の生活の中での精神的な拠りどころとして欠かせないもので、彼らの人間観、自然界、宇宙観を反映しています。儀式ではテンの長老が供え物をし、傷病の快癒や豊作、新年の幸運などを祈願して、民族の言葉で歌ったり、楽器を演奏したりします。女性が集団で踊る群舞もあります。カオバン省タクアン県に暮らすテイ族の一人ダム・ティ・シンさんは次のように語りました。

(テープ)

「旧暦の1月になると、テンの長老に頼んで、家族全員の健康や豊作、新年の幸運などが訪れるよう祈願する儀式を行ってもらいます。また、子どもが健康で順調に成長するための儀式も行ってもらいます。テンの長老にこれらの儀式を行ってもらう家族は多いですよ。これはテイ族固有の文化の一つなのです」

テイ族とヌン族の民謡テンの儀式 - ảnh 2テンの儀式

テイ族とヌン族の考えでは、テンの長老は、天はもちろん別世界へ行けるとされています。そのため、テンの長老は人間を代表して、神様と先祖にお供え物を差し上げ、祈願や願望を伝えることができるとされます。テンの儀式で、長老は、お供え物を陳列し、神様に報告した後、伝統楽器「ティン」を弾きながら、民謡テンを歌います。民謡テンは神様にお願いするための地上から天までの道のりを物語るのです。

テンの儀式は口伝で次の世代に伝承されていきます。長老は儀式に関する技能や秘事の伝授において、重要な役割を担っています。一部の長老は年に約200回の儀式を行っています。ランソン省チャンディン県に暮らす天の長老グエン・ヴァン・トさんは次のように語りました。

(テープ)

「テイ族とヌン族の人々は生まれてから死ぬまで何度もテンの儀式を行います。病気にかかるなど良くないことが起これば、テンの長老に頼んでテンの儀式を行ってもらい、良いことが訪れるよう祈願します。その意味で、テンの儀式は人間の精神的な拠り所だと言えます」

民謡テンの儀式は伝統的な信仰であり、文学・音楽・美術を結合させた総合芸術でもあると言えます。こうしたテンの儀式は現在もテイ族とヌン族の生活の中で大切に保たれています。

ご感想

他の情報